七五三の記念撮影お役立ちメモ集【プロによる高品質な撮影】

メニュー

子供の負担に注意

子供

前撮りや後撮りのメリット

七五三は子供の成長を祝う行事です。女の子は三歳と七歳に、男の子は五歳のときにお祝いをするのが習わしですが、近年は三歳のときに男の子のお祝いもしたり別のタイミングでお祝いをしたりする事もあります。地域差もあり、岡山では岡山ならではの風習があります。七五三を行うときは記念写真を撮るのが一般的ですが、七五三のお祝いをする子供はまだ体力がなく集中力もないということに注意しなければなりません。11月半ば頃にお参りやお祓いなどを行うことが多いのですが、当日に写真まで撮るのは大変なことが多いです。三歳のお子さんは体力がないため寝てしまうこともありますし、もう少し大きくなっても集中力はまだまだなので飽きてしまったり、衣装が崩れてしまったりすることがあります。そのため前撮りや後撮りで撮影するのが一般的となっており、岡山の写真館も年間を通して七五三撮影は受け付けていることが多いです。前撮りや後撮りなど時期をずらすと落ち着いて撮影でき、費用も安くできることが多いというメリットがあります。岡山でも多くの人は前撮りで撮影しています。ただ前撮りだと幼く写りすぎたり、成長してしまうので合わせておいた衣装が当日合わなくなったりといったデメリットがありえます。後撮りでも衣装が合わなくなったり、七歳の場合は歯が抜けるタイミングに重なってしまったりといったデメリットがありえます。ただ当日に行うよりもデメリットは少ないので、日をずらす方がよいでしょう。

Copyright© 2018 七五三の記念撮影お役立ちメモ集【プロによる高品質な撮影】 All Rights Reserved.